オーストラリア  2014/01/20(月曜日)
テイクオフ:小さいころに好きだった…[社会]

小さいころに好きだった本に「探検」という図鑑がある。絵や写真が良く、今でも見応えのある本だ。この中に、オーストラリア探検の話があり、「タスマニアのアボリジニは疫病などで絶滅した」とあった。

ところが、オーストラリアに来てみると、タスマニアのアボリジニは絶滅していないという。アボリジニを決める基準が、図鑑が書かれた後で変わったようだ。図鑑は当時の公式見解を基に「純粋」なアボリジニが絶えたとしていた。その後、先住民の権利を求める運動の高まりで、祖先にアボリジニがいるかどうかに拡大されたそうだ。タスマニアのアボリジニにとっては自分たちの存在が認められて良かっただろう。

しかし、都市に住むアボリジニの中には、さまざまな公的支援を受けられるにも関わらず、差別から出自を明かさない人もいるという。根が深い問題だ。(頼徳)

[PR]

[PR]

NNA News Headline

コラム

アジア・豪州から毎日お届けする人気コラムです。経済ニュースを読む前にどうぞ